• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【決算】パソコン市場の低迷が直撃、アドバンテストは38億円の最終赤字

【決算】パソコン市場の低迷が直撃、アドバンテストは38億円の最終赤字

  • 大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/04/25 21:43
  • 1/1ページ
 アドバンテストは2013年4月25日、2012年度の連結決算を発表した。売上高は前年度比5.8%減の1329億円、営業利益は同7億円減少して1億円だった。当期純損益は前年比で16億円悪化して38億円の赤字となった。パソコン市場の低迷を受けて、「マイクロプロセサ(MPU)やメモリ向けテスターが伸び悩んだ」(アドバンテスト 取締役 兼 常務執行役員の中村弘志氏)。スマートフォンに代表されるモバイル機器に搭載されるアプリケーション・プロセサや液晶ドライバIC向けのテスターは伸びたが、MPUやメモリ向けの落ち込みを補えなかった。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓