日経テクノロジーオンライン

スマホが牽引した2012年の半導体ファウンドリー市場、Samsung社が大躍進

2013/04/25 21:39
大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
 米Gartner社は、2012年の世界半導体ファウンドリー市場が前年比16.2%増の346億米ドルになったと発表した)。スマートフォンをはじめとするモバイル端末が、40nm世代や28nm世代といった先端プロセスの需要を牽引した。企業別の売上高ランキングで見ると、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)が不動の首位を維持しており、売上高を前年比17.9%伸ばして49.5%のシェアを獲得した。先端プロセスで先行していることが原動力になった。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。