機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

セルの落下による変形などが原因---三菱自動車、PHEVなどの電池トラブルの調査結果を発表

吉田 勝=日経ものづくり
2013/04/25 10:15
印刷用ページ
 三菱自動車工業は、2013年3月に発生した「アウトランダーPHEV」および「i-MiEV」のリチウムイオン2次電池トラブルの原因について発表した。原因は、電池セル製造ラインに2012年12月に導入したスクリーニング検査行程において、(1)作業時にセルを床に落としてしまったことで過大な衝撃が加わり、正極の集電体が変形したこと、(2)スクリーニング検査の際に加える振動が当初の設計よりも4倍程度大きく、これによって内部に金属片が発生したこと、により内部短絡を引き起こしたものとしている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング