• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > セルの落下による変形などが原因---三菱自動車、PHEVなどの電池トラブルの調査結果を発表

セルの落下による変形などが原因---三菱自動車、PHEVなどの電池トラブルの調査結果を発表

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/04/25 10:15
  • 1/1ページ
 三菱自動車工業は、2013年3月に発生した「アウトランダーPHEV」および「i-MiEV」のリチウムイオン2次電池トラブルの原因について発表した。原因は、電池セル製造ラインに2012年12月に導入したスクリーニング検査行程において、(1)作業時にセルを床に落としてしまったことで過大な衝撃が加わり、正極の集電体が変形したこと、(2)スクリーニング検査の際に加える振動が当初の設計よりも4倍程度大きく、これによって内部に金属片が発生したこと、により内部短絡を引き起こしたものとしている。
【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ