• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 三菱電機、1200V/500A定格と大容量のEV/HEV用パワー半導体モジュールを開発

三菱電機、1200V/500A定格と大容量のEV/HEV用パワー半導体モジュールを開発

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/04/19 20:13
  • 1/1ページ
 三菱電機は、定格電圧が1200Vで、定格電流が500Aと大容量の電気自動車(EV)/ハイブリッド車(HEV)用パワー半導体モジュール「JシリーズIPM TYPE+B」を開発し、2013年8月5日にサンプル出荷を始めると発表した。型番は「PM500CJG120G」である。このほか、定格電圧が600Vで、定格電流が800Aの「PM800CJG060G」も併せてサンプル出荷を始める。サンプル価格はいずれも15万円(税別)である。量産は2014年度に開始する予定だ。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ