ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【麻倉怜士IFA・GPC報告1】IFAの先行情報を知る、事前セミナーがイタリアで開催

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2013/04/19 20:02
印刷用ページ
18日に開催された「ゲット・トゥギャザー・ミーティング」で挨拶する主催者のMesse Berlin社COOのChristian Goke氏(左)と、サルデーニャ自治州の州都であるカリアリ市長のウォルター・カバジーノ氏(中)。
18日に開催された「ゲット・トゥギャザー・ミーティング」で挨拶する主催者のMesse Berlin社COOのChristian Goke氏(左)と、サルデーニャ自治州の州都であるカリアリ市長のウォルター・カバジーノ氏(中)。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年9月6~11日にドイツ・ベルリンで開催予定の世界最大級の家電見本市「IFA 2013」についての事前セミナー「グローバル・プレス・コンファレンス」(GPC)が現地時間の4月18日にイタリア・サルデーニャ島のホテル「FORTE VILLAGE」で開幕した。このGPCはこれまで、ギリシャのアテネを皮切りに、モナコ、マヨルカ島、マルタ、スペインのアリカンテ、クロアチアのドブロブニクで毎年4月に開かれてきた。今回が7回目になる。毎年、風光明媚な観光地に世界から数百人のプレスを集め、集中的にセミナーを行う。今年は約300人が集まり、うち75人は今回が初参加という。

 主催者のドイツMesse Berlin社としては、9月のIFAに向けて、「この展示会に出品しなくては。見に行かなくては」という雰囲気を世界の民生機器業界に醸成し、盛り上げるのが目的である。参加するジャーナリストとしては、コンテンツ流通の動向、新技術の展開、テレビ・ビジネスの世界的な展望などが2日間にわたって集中的に語られる、貴重な機会である。18日(現地時間)はイタリアDe'Longhi社、韓国Samsung Electroncis社、スウェーデンElectrolux社、オランダTP Vision社(オランダRoyal Philips Electronics社と台湾TPV Technology社の合弁会社)などの講演が予定されており、19日(同)は今年のIFAについての情報が明らかになる。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング