• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ラティス、DMUツールの新バージョンで設計変更への対応機能を強化

ラティス、DMUツールの新バージョンで設計変更への対応機能を強化

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/04/18 08:00
  • 1/1ページ
 ラティス・テクノロジー(本社東京)は、軽量3Dデータ「XVL」を使ったデジタルモックアップ(DMU)ツールの新バージョン「XVL Studio Ver.12.0」を2013年4月19日に発売する。新バージョンでは、設計変更によって3Dデータの構成や形状、属性などに関する情報が変わった際に、変更箇所の把握や変更内容の反映を実現する機能を強化した。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓