家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

新型iPhone/iPadが発売遅延? 部品メーカーの業績に影響も

大槻 智洋=NE特約記者、台北科技市場研究
2013/04/12 11:50
印刷用ページ

 台湾KGI(凱基)證券のアナリストであるKuo, Mingchi(郭明錤)氏が、「iPhone」「iPad」の新機種発売が遅れるという趣旨のレポートを発行した。同氏は、米Apple社のサプライチェーン分析に定評がある。また、ほかの在台湾産業アナリストも類似の情報を得ている。そこで以下に、Kuo氏のシリーズ・レポート「Apple Watch(蘋果觀察)」の概要(2013年4月11日発行分)を示す。


 我々は、iPhoneとiPad miniの量産出荷が市場コンセンサスより遅いと予測する。そして2013年第3四半期における、それらの出荷台数成長率は、1ケタ台にとどまるだろう。市場コンセンサスで前年同期比30~40%増となっている。部品メーカーなどサプライヤーの業績悪化が懸念される。

 具体的な発売時期は以下の通りとみている。iPhone 5SとiPhone 5には、それぞれ現在販売されていないTDD(time division duplex)対応品が用意される。

  市場コンセンサス 我々の予測
iPhone 5S 7月 9月以降
低価格iPhone 5 7月 9月以降
iPad mini 2 8月 9月以降

 Apple社がiPhone 5Sの発売時期を見直した要因は、指紋認識機能にある。このセンサの動作に悪影響を与えない、ガラス表面の塗料が必要となった。「iOS 7」中の指紋関連ソフトウエアの開発に時間を要している可能性もある。低価格iPhone 5に関しては樹脂筐体が、iPad mini 2ではいわゆる「Retina Display」が、それぞれネックになった。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング