家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

デンソー、iPhoneでカギを探せるキー・ホルダーを発売

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/04/04 15:58
印刷用ページ
キーファインダー(写真:デンソー)
キーファインダー(写真:デンソー)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
専用アプリ(写真:デンソー)
専用アプリ(写真:デンソー)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 デンソーは、カギなど、なくしやすい小物をスマートフォンなどの携帯機器で探せる「キーファインダー」を2013年4月22日に発売する(ニュースリリース)。カギなどの小物類にあらかじめ受信機を付け、スマートフォンの専用アプリからBluetooth経由で受信機のブザーを鳴らし、LEDランプを点灯させるというもの。受信機には牛革のストラップとリングが付いており、キー・ホルダーとして使える。

 受信機からスマートフォン側のブザーを鳴らし、振動させて、スマートフォンを探すことも可能。さらに、受信機とスマートフォンが専用アプリで設定した距離以上に離れるとブザーで知らせる機能を備える。対応する携帯機器は「iPhone5」「iPhone4S」「iPad Retinaディスプレイモデル」「iPad mini」「iPod touch(第5世代)」。通信距離は最大20m。送信周波数範囲は2.4GHz~2.4835GHz。消費電力は200mAで、ボタン電池を採用している。iPhone1台に対して、8台まで接続できる。

 本体の希望小売価格は3980円(税込)で、全国に約700店ある「デンソーサービスステーション」などを通じて販売する。専用アプリは「App Store」から無料でダウンロードできる。今後、Android用のアプリも開発していくとともに、海外での販売を検討するとしている。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング