• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

ソニーとオリンパスの医療合弁会社、4月16日に設立へ

2013/04/04 11:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーとオリンパスは、医療事業に関する両社の合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」を、2013年4月16日に設立すると発表した。当初は2012年12月に設立予定だったが、一部の国での審査に時間を要し、設立時期がずれ込んでいた。今回、「各国の政府当局または監督官庁の必要な承認をすべて取得できた」(両社)ことから、設立の見通しが立った。

 合弁会社では、ソニーの4K×2Kや3Dといった映像技術、イメージ・センサ技術などを生かした新型の外科用内視鏡や、手術室に向けた医療機器・映像機器の統合システムの開発・設計・販売・製造を手掛ける考え(関連記事)。代表取締役社長にはソニーの業務執行役員SVPである勝本徹氏が、代表取締役副社長にはオリンパスメディカルシステムズの第一開発本部長付である深谷孝氏が就任する予定である。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング