デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ネコに注意、機器開発の新たな盲点が明らかに

三宅 常之=Tech-On!
2013/04/02 19:30
印刷用ページ
写真1:無償点検の対象製品の一つ。赤枠部分からネコの尿が侵入した
写真1:無償点検の対象製品の一つ。赤枠部分からネコの尿が侵入した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真2:焼損したものと同型のプリント配線基板。赤丸内が発熱した金属配線
写真2:焼損したものと同型のプリント配線基板。赤丸内が発熱した金属配線
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ペットのネコがエレクトロニクス機器の焼損原因となっていたことが分かった。ブラザー工業は、2013年3月29日、「猫と一緒にお住いのお客様へ 家庭用ファクスにおける無償点検のお知らせ」と題する報道資料を公表、ネコの尿が同社ファクシミリ製品に繰り返しかかることに起因する焼損事故が少なくとも4件発生していたことを明らかにした。

 事故原因は、ファクシミリ受信時に用紙が送出される部分(写真1の赤枠部分)にネコが乗って繰り返し排尿、機器内部のプリント基板のコネクタ部に達した尿がたまり、その結果生じた異常電流でコネクタ部が発熱したことだ。コネクタ部には、印字用サーマルヘッドの駆動電流を供給する金属配線(写真2の赤丸部分)があり、金属配線の周囲に尿の成分が蓄積、絶縁していた配線間で電流が流れるようになった。異常な発熱で配線周囲が炭化し、いっそう大きな電流が流れるようになって、焼損に至ったとみられる。

 ネコを原因と特定したのは、4件の事故製品すべてで焼損部にネコの尿成分の存在を確認したこと、飼いネコが機器に乗っているところを製品の所有者が目撃していた例があったことによる。イヌや他の動物での同様の事故、他社での同様の事例について、同社は確認していない。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング