• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > SiC基板の欠陥を抑制し、素子コストの削減を可能に

SiC基板の欠陥を抑制し、素子コストの削減を可能に

  • Mark Loboda=米Dow Corning社 Electronics Solutions, Chief Scientist - Compound Semiconductors
  • 2013/04/03 12:25
  • 1/1ページ
次世代のパワー半導体として研究開発が加速しているSiCパワー素子。同素子を製造する上で欠かせないのが、SiCウエハー(基板)である。SiCパワー素子の電気特性や歩留まり、製造コストを左右する重要な部材だ。本稿では、SiC基板の開発に取り組む、米Dow Corning社の担当者に、SiC基板開発の最新状況を紹介してもらう。(日経エレクトロニクス)
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓