技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

文科省、革新的イノベーション創出プログラムの公募予定などを公表

丸山正明=技術ジャーナリスト
2013/04/01 14:54
印刷用ページ

 文部科学省と科学技術振興機構(JST)は「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」の公募説明会を、2013年3月29日に文部省内で開催した。平成25年度(2013年度)から始める同プログラムは、「文科省が幾つかのビジョンの下に10年後を見通した革新的な研究開発課題を定めた上で、革新的なイノベーションを日本の大学や企業などの産学連携チームによって創出する事業」と、文科省科学技術・学術政策局産学連携・地域支援課の木村直人地域支援企画官は説明する(関連記事)。

 同プログラムは、国が将来の日本のあるべき社会などの姿を“ビジョン”として定め、それを達成するリスク経費を国(文科省)が受け持って、チャレンジングでハイリスクな研究開発・事業化を産学連携チームに実施してもらう事業である。大まかに言えば、10年後の人びとの生活の仕方や生き方などの社会の在り方を見据えて、この将来社会ニーズを解決する革新的な研究開発課題を設定し、各産学連携チームが解決を図るプログラムである。この「革新的な研究開発課題は、産学連携チームによる異分野融合の視点で解決を図る」(産学連携・地域支援課)という。

 この産学連携チームが研究開発を推進するCOI拠点(後述)として、12拠点程度を今後選び、各COI拠点に運営費として毎年度4億~8億円を原則3年~9年間支援する計画である(図1)。

図1●COI拠点の模式図(出典は文科省の公募資料)

 同プログラムを平成24年度から練ってきた文科省の産学連携・地域支援課は、前述のビジョンを描く役割を担うビジョナリーチーム(産学の有識者数人で構成)を3つ設け、各チームが個別にビジョンを定めた。「少子高齢化先進国としての持続性確保」(ビジョン1)、「豊かな生活環境の確保」(同2)、「活気ある持続可能な社会の構築」(同3)の3つである(図2)。

図2●今回公表した3つのビジョン(出典は文科省の公募資料)
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング