• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、PCI Express Gen3に対応したSPDTスイッチICを発売、帯域幅は11.5GHz

東芝、PCI Express Gen3に対応したSPDTスイッチICを発売、帯域幅は11.5GHz

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/03/29 19:22
  • 1/1ページ
 東芝は、データ伝送速度が8Gビット/秒と高い「PCI Express Gen3」規格に対応したSPDT(single pole double throw)スイッチIC「TC7PCI3212MT/TC7PCI3215MT」を発売した。PCI Express Gen3の1レーン、すなわち1対の差動ラインに対応する。スイッチの端子間容量を削減することで-3dBの周波数帯域を11.5GHzに広げ、信号品質の劣化を抑えたことが特徴である。PCI Express Gen3のほか、USB3.0やシリアルATA3.0に対応した信号の切り替えにも使える。デスクトップ・パソコンやノート・パソコン、サーバー、パソコン周辺機器などに向ける。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓