家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

英Dyson社、コンパクトで静音化したサイクロン掃除機を開発---3割小さく、4割静かに

近岡 裕=日経ものづくり
2013/03/28 18:07
印刷用ページ
図1◎日本市場向けにさらに小さく静かにしたサイクロン掃除機
図1◎日本市場向けにさらに小さく静かにしたサイクロン掃除機
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2◎小型モータ。新しい掃除機の専用モータとして開発した。シンガポールの工場で生産する。
図2◎小型モータ。新しい掃除機の専用モータとして開発した。シンガポールの工場で生産する。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 英Dyson社は、日本市場向けにコンパクトで使用時の音を抑えたキャニスター型(床移動型)のサイクロン方式掃除機「DC48」を開発、2013年3月28日から販売を開始すると発表した(図1)。従来の「DC46」と比べて、大きさと本体の質量を約3割小さくし、音を約40%低減させた。

 コンパクト化のために、同社は専用の小型モータ「デジタルモーターV4」を開発した(図2)。出力が1150Wの永久磁石式モータで、最大回転数は10万1000rpm。磁力の高いネオジム・鉄・ボロン系焼結磁石の採用や、インペラおよび筐体を含めたモータの最適化設計、回路基板のモータ内への組み込みなどにより、外径を85mmと小さく抑えた。同出力のモータにおいて「世界最小クラス」(同社)という。

 静音化については、インペラで本体内に吸い込んだ空気が排気口まで流れる経路を長く複雑にすることで音響エネルギを抑制した。加えて、排気口の前に発泡材を挿入して排気音を小さくしたり、モータを包み込む構造にすることで外に漏れる音を抑えたりするなどの工夫を施した。

 小型化と静音化を実現しつつも、集じん性能は向上させた。新しい掃除機の集じん率は93.3%と、従来の89.6%よりも3.7ポイント高い。

 価格は、モータ駆動式ヘッドのタイプで9万7800円(税込み)。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング