• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > JST、科学技術イノベーション創出に向けた取り組みを説明、触感を伝える遠隔操作ロボットなどの研究を推進

JST、科学技術イノベーション創出に向けた取り組みを説明、触感を伝える遠隔操作ロボットなどの研究を推進

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/03/28 18:43
  • 1/1ページ
 JST(科学技術振興機構)は、科学技術イノベーション創出に向けた取り組みを説明した。JSTの基本的な考え方として、社会・産業に還元し得る最終的なイノベーション創出を加速するため、府省を超えた機関間の連携や、国内拠点や海外拠点との連携を強化することを目指している。その上で、戦略的な取り組みとして、「グリーン・イノベーション」、「ライフイノベーション」、「ナノテクノロジー・材料」、「情報通信技術」、「社会技術・社会基盤」、を特に重点推進していくべき5分野として設定している。
【技術者塾】(5/20開催)
5割ダウンを体感する!設計/製造/調達の新コスト改革



負担は少なく、明日からでも実践できる低コスト手法を、多くの演習を交えながら企業への導入実績が豊富な設計コンサルタントが指導します。また、コストバランス法を使って、韓国の大手メーカーが徹底的にコスト分析した日本製品の弱点についても解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年5月20日
会場 : リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ