B787の2次電池に多数のアーク痕---運輸安全委員会が調査状況を発表

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/03/28 14:17
  • 1/1ページ
  • 保存

 2013年1月に発生したBoeing 787型機のリチウム(Li)イオン2次電池のトラブルを調査している運輸安全委員会(JTSB)は、現在までの調査状況を発表した。1~8の8つの電池セル全てに熱損傷が認められること、セル3正極付近の損傷が激しいこと、セル4、5は損傷が小さいこと、セル3、6の周囲を中心に12カ所のアーク痕があったことなどを明らかにした。多数のアーク痕が認められたセル3、6はセルのケースに穴が開いていたという。

  • 保存
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ