• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > オートデスクの「Autodesk ReCap」、現実に存在する物をCADソフト上に手軽に表示

オートデスクの「Autodesk ReCap」、現実に存在する物をCADソフト上に手軽に表示

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/03/27 18:58
  • 1/1ページ
 オートデスク(本社東京)は、現実に存在する物の3DデータをCADソフトなどに表示できるようにするソフト「Autodesk ReCap」の提供を開始した。3Dデータの寸法情報などを生かした効率的なモデリングが可能になる。製造業分野ではリバース・エンジニアリングや生産現場のレイアウト変更といった場面の利用が見込めるという。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓