アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

IR、最大25A出力の降圧型DC-DCコンバータ・モジュールを発売、実装面積は168mm2

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/03/22 23:37
印刷用ページ
 米International Rectifier(IR)社は、最大出力電流が25Aと大きい降圧型DC-DCコンバータ・モジュール「IR3847」を発売した。DC-DCコンバータ制御ICとパワーMOSFETを1パッケージ収めたモジュールで、同社の「SupIRBuck」ファミリの第3世代(Gen3)品に相当する。特徴は、インダクタなどの外付け部品を含むDC-DCコンバータ回路全体の実装面積が168mm_2と小さいことだ。発売したモジュールのパッケージは、実装面積が5mm×6mmの33端子QFNである。同社によると、「競合他社のモジュール品と比較すると、回路全体の実装面積を約20%削減でき、ディスクリート部品を使った場合と比べると約70%削減できる」という。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング