半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

MEMSの江刺教授が退職、学外向け最終講義・祝賀会が開催

三宅 常之=Tech-On!
2013/03/19 22:10
印刷用ページ
東北大学の江刺正喜氏
[画像のクリックで拡大表示]
最終講義と祝賀会の会場
最終講義の様子。この後の祝賀会は着座式で37のテーブルが並んだ
[画像のクリックで拡大表示]
祝辞を述べる西澤潤一氏
江刺氏は、東北大学元総長の西澤氏の指導を受けた。江刺氏の代表的著書「半導体集積回路設計の基礎」(培風館、1986年)では、西澤氏が編集に携わった。江刺氏は4月には同大学青葉山キャンパス内の「西澤潤一記念研究センター」で活動する。「自宅から近くなる。徒歩20分ほどかけて通う」(江刺氏)
[画像のクリックで拡大表示]
発起人の一人の神永晉氏
住友精密工業 前代表取締役社長 相談役の神永氏が主催者代表として挨拶した。産業界で国内外のMEMSを切り開いてきた。ほかの発起人は、小野崇人氏、金井浩氏、田中秀治氏、芳賀洋一氏(以上、東北大学)、本間孝治氏(メムス・コア)。本間氏は、江刺氏と立ち上げたメムス・コアが2012年に初めて単年度黒字化したことを祝賀会で明かした
[画像のクリックで拡大表示]

 東北大学工学研究科教授で江刺・田中研究室の江刺正喜氏が、2013年3月末、工学研究科を定年により退職する。4月以降も同大学で原子分子材料科学高等研究機構(兼)マイクロシステム融合研究開発センター長として、MEMS(微小電子機械システム)や近代技術史の研究開発・啓蒙活動を続ける。3月15日には、学外関係者向けの最終講義と退職祝賀会が、有志の発起人6人によって仙台市内のホテルで開催された。

 同氏は、同大学工学部電子工学科の学生(学部・修士課程)時代からMEMS・マイクロシステム分野の研究に取り組み、化学/医療/圧力/慣性センサ、小型プロジェクタ、小型発電機、MEMSリレー、センサ/RF(無線周波)素子と半導体との集積化の研究開発・実用化を先導している(関連記事1関連記事2)。

 産業界のイノベーションによる活性化を目指して、MEMS関連の知見やノウハウを広く知らせる啓蒙活動を続けており、最近では量産化の障壁を引き下げる「試作コインランドリー」を立ち上げた(関連記事3関連記事4関連記事5関連記事6)。2011年3月の東日本大震災で実験装置などが被災したものの、装置を自作してきた同研究室では装置メーカーに頼らずに修理できたため、いち早く復旧した。

江刺氏の登場する関連記事はこちら

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング