• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 住友ゴムがスパコン「京」を活用し、タイヤ用ゴム内部を大規模分子シミュレーション

住友ゴムがスパコン「京」を活用し、タイヤ用ゴム内部を大規模分子シミュレーション

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/03/14 16:45
  • 1/1ページ
 住友ゴム工業は、世界トップレベルの計算能力を持つスーパーコンピュータ「京」を活用し、これまで再現が困難だったタイヤ用ゴム内部の大規模分子シミュレーションを2013年3月から始めた。ゴム内部を分子・ナノレベルで忠実に再現して解析する。今回のシミュレーション結果を利用してタイヤ向け新材料を開発し、2016年以降の商品に採用していく。
クラウド、ビッグデータ、人工知能がクルマの進化を促すの告知サイト

おすすめ