• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 感度8倍のタッチ・パネル、実現技術をシャープが解説

感度8倍のタッチ・パネル、実現技術をシャープが解説

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/03/14 15:37
  • 1/1ページ
 従来に比べて感度(S/N比)を約8倍に高めた静電容量式タッチ・パネルの実現技術を、シャープが明らかにした。このタッチ・パネルは2012年12月10日に同社が発表したもので、2013年3月15日に量産を開始する予定。画面サイズが大きくなっても感度を維持できる駆動方式の採用によって、20型でのペン入力時のS/N比を従来方式の約8倍に高めた。さらに、タッチ・パネルをディスプレイに付けたときの全体の厚みを薄型化できる技術も導入している。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ