• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > ハーネスや配管の一部区間を先行して設計できるツール、エンブレムが開発

ハーネスや配管の一部区間を先行して設計できるツール、エンブレムが開発

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/03/13 17:28
  • 1/1ページ
 エンブレム(本社神奈川県大和市)は、ワイヤハーネスや配管などの設計ツール「Advanced Routing/Harness Design」を改良、一部区間のみを設計できる機能を加えて2013年4月に出荷する。複雑なワイヤハーネスや配管では、端から端まで全区間のルートが同時に決まるとは限らず、一部区間のみが先に確定することが多い。ワイヤハーネスなどの設計者は、確定した部分の設計を先に済ませておくことで、仕事を積み残さずに済む。

おすすめ