• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 古河電工、ラマン増幅器向け1480nm帯励起光源レーザの量産を開始

古河電工、ラマン増幅器向け1480nm帯励起光源レーザの量産を開始

  • 池松 由香=日経ものづくり
  • 2013/03/13 15:09
  • 1/1ページ
 古河電気工業は、100Gビット/秒の超高速光通信において需要拡大が見込まれるラマン増幅器向けに、高出力・低消費電力の1480nm帯励起光源レーザ「FOL1437」シリーズを開発し、量産を開始した(図)。従来品に比べ、出力は同じまま消費電力を20%低減した。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ