家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

GoogleとMPEG LA、「WebM」の動画コーデックである「VP8」のライセンスで合意、WebMの特許問題が解決

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2013/03/08 14:14
印刷用ページ

 米Google社と特許プール管理会社である米MPEG LA社は2013年3月7日、Google社が推進している動画フォーマット「WebM」の動画コーデックである「VP8」に関して、Google社がMPEG LA社からライセンスを受けることで合意したと発表した(ニュース・リリースのPDFITproの記事)。

 MPEG LA社は、VP8がH.264の特許に抵触している可能性があるとして、VP8の特許プールの形成を検討していた(日経エレクトロニクス2011年2月21日号 特集「Googleが仕掛ける特許破壊」)。今回の合意により、MPEG LAがVP8の特許プールを形成することはなくなったという。

 Google社は、VP8とそれ以前のバージョンであるVPx(xは数字)に必須な技術の特許(11社が保有するもの)のライセンスを受ける。またGoogle社は、VP8の実装がGoogle社によるものか他社によるものかを問わず、ユーザーにVP8関連技術をサブライセンスできる。次世代のVPxでも、こうしたVP8関連技術をサブライセンスできるという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング