デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

Philips社、インタラクティブな有機EL照明付き鏡を実演

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2013/03/07 21:06
印刷用ページ
Philips社の「Living Shapes」の実演の様子。
Philips社の「Living Shapes」の実演の様子。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 オランダRoyal Philips Electronics社の日本法人、フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、東京都内でプライベート・ショーを開催した。その中で、Philips社が2012年10月に発売した、有機EL照明と鏡を組み合わせた製品を実演した。

 名称は「LivingShapes - an interactive OLED mirror」。鏡の中に64枚の有機EL照明パネルを組み込んだ上で、鏡の前に立つ利用者を検知するセンサも鏡の上部と下部に実装した。

姿が映る部分だけ鏡に

 利用者がいない場合は、すべての有機EL照明パネルが点灯し、照明として利用できる。利用者が鏡の前に立つと、センサは鏡の利用者の頭の位置などを検知し、鏡側でそれに対応した位置の有機EL照明を自動的に消灯する。この有機EL照明パネルは、消灯時に裏面電極が光を反射するため、鏡として機能する。この結果、利用者の顔が映る場所だけが鏡となり、その周辺は鏡の照明として点灯し続ける。

 鏡全体の寸法は42cm×44.2cm。重さは約15kg。発売時点の価格は2990ユーロ、または4156.10米ドルである。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング