お薦めトピック

【ライティングフェア】タカハタ電子などの医療用有機EL照明器具、コイズミ照明が発売へ

2013/03/06 15:03
野澤 哲生=日経エレクトロニクス
看護士用携帯ライト。首にかけて利用する。
看護士用携帯ライト。首にかけて利用する。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
緑色発光させると、静脈の位置が分かりやすくなるという。
緑色発光させると、静脈の位置が分かりやすくなるという。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ランの花を模した、診察室用照明スタンド。
ランの花を模した、診察室用照明スタンド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
病室の読書灯などを想定した照明スタンド。薄いので、照明器具をコンパクトに折り畳める。
病室の読書灯などを想定した照明スタンド。薄いので、照明器具をコンパクトに折り畳める。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
コイズミ照明が開発した高効率の有機EL照明器具の例。
コイズミ照明が開発した高効率の有機EL照明器具の例。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
別の器具の例。
別の器具の例。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
病室用アーム式スタンド照明の例。アームが非常に細い。
病室用アーム式スタンド照明の例。アームが非常に細い。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 タカハタ電子は、医療用途に開発した有機EL照明器具を数点開発した。照明技術の展示会「ライティング・フェア 2013」(2013年3月5~8日、東京ビッグサイト)で、コイズミ照明のブースなどで展示されている。コイズミ照明は「半年後をメドに販売する予定」という。有機EL照明の「やさしい光」を生かした製品開発例の一つといえる。

 この有機EL照明器具群は、パイオニアの有機EL照明パネルを用いてタカハタ電子が設計し、作製したもので、「月のようにやさしく光る」(コイズミ照明)ことから「Lunaface」というブランド名を備える。そのうち、今回、コイズミ照明が出展した器具は3種類ある。

 一つは、看護士用の携帯ライト。白色発光と緑色発光を切り替えて利用できる。白色発光は、夜間の病室などで利用することを想定。一方、緑色発光は、「注射をする際に、静脈の位置が分かりやすくなる効果がある」(コイズミ照明の説明員)という。

 二つめの照明器具は、診察室などで利用することを想定したもので、ランの花を模してデザインした器具であるという。パネルの角度を変えることで、光量の調節ができる。

 三つめの照明器具は、病室で患者が読書灯などに利用することを想定したもの。動かせるスタンドにやや大型のパネルを実装した。

 「最近、青色光(ブルーライト)が睡眠などに影響する可能性が指摘されている。有機EL照明はこうした光を少なくでき、リスクが小さいので医療用途に向いている」(コイズミ照明)という。

コイズミ照明はより高効率の有機EL照明器具も開発

 コイズミ照明は、タカハタ電子が製造した器具とは別に、独自に医療用の有機EL照明器具も開発した。この照明器具には、発光効が60lm/Wの有機EL照明パネルを用いており、「LED照明に近い発光効率と明るさを実現できる」(コイズミ照明)という。パネルのメーカーは明らかにしていないが、韓国LG Chem社のパネルであるもようだ。

 開発した照明器具の一つは、有機ELパネルが薄くて軽いことを生かした、非常に細身のアーム式スタンド・ライトである。「病室で患者さんが力を入れずに気軽に使える」(同社)。

 ただし、これらの独自開発の照明器具の発売は未定であるという。

 

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング