• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 富士通など、サーバやPCなどの樹脂製筐体に適した水性塗料を開発

富士通など、サーバやPCなどの樹脂製筐体に適した水性塗料を開発

  • 近岡 裕=日経ものづくり
  • 2013/03/04 16:08
  • 1/1ページ
 富士通と富士通研究所(本社神奈川県川崎市)は、情報通信機器の樹脂製筐体に適した環境負荷の低い水性塗料を開発した。現行の溶剤系塗料と比べて石油の使用量を54%、揮発性有機化合物を80%削減できる。2013年に発売するUNIXサーバ「SPARC M10-4」「同4S」のフロントパネルに採用(図、ニュースリリース)。情報通信機器の樹脂製筐体向けの水性塗料の開発は業界初という。
【技術者塾】(6/16開催)
低コスト設計を支える機械材料の知識

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ


一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年6月16日
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ