• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > JEITA、3D単独図から「3D-DPD」へ活動範囲を拡大

JEITA、3D単独図から「3D-DPD」へ活動範囲を拡大

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/02/26 19:45
  • 1/1ページ
 電子情報技術産業協会(JEITA)の三次元CAD情報標準化専門委員会は、3Dデータによって設計・製造プロセスの効率化を図る手段として「3D-DPD(Digital Product Documentation)」と呼ぶ考え方を導入し、それに基づいて2013年度の活動範囲を拡大する。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格である、新しい要求分析手法「ニーズとものをつなぐQFD手法」のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ