• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > デジカメの革命児「GoPro」、300万台超を売った人気の秘密

デジカメの革命児「GoPro」、300万台超を売った人気の秘密

  • 高橋 史忠=Tech-On!, 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/25 00:00
  • 1/5ページ

 コンパクト型のデジタル・カメラは存亡の分岐点に直面している。こう書いたら、少し筆が滑り過ぎか。

 ただ、デジタル・カメラ市場の数字は、その様子を映し出している。カメラ映像機器工業会(CIPA)によれば、2012年のデジタル・カメラの出荷台数は、前年比15%減の9810万台。このうち、コンパクト機が多くを占めるレンズ一体型は同21.9%減の7800万台と大幅に減った。

スマホ旋風にも負けず売れ続ける
コンパクト型カメラを手掛ける大手メーカーの多くが苦戦する中、Woodman Labs社の「GoPro」シリーズは根強い人気を獲得している。最新機種の「HERO3」を手にするのは、同社 Global Communication & Social Marketing, Senior DirectorのKash Shaikh氏。

 2013年の見通しも芳しくない。レンズ一体型は6430万台と2012年に比べて、さらに17.6%減少する見込みだ。実に1400万台近い市場が1年で消える。大手カメラ・メーカーが販売台数の目標を下方修正する動きも相次ぐ。

市場を侵食する主犯は…

 コンパクト型カメラの市場を侵食しているとみられる主犯格が「スマートフォン」であることは、多くのメディアが論じている通りだ。スマートフォンはインターネットのアクセス機能をあらかじめ備えた通信端末。そのカメラ機能を使えば、利用が広がるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのソーシャル・メディアに写真を簡単に投稿できる。

 写真を加工するアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)も人気を博している。撮影自体の機能性はカメラ専用機に一日の長があるかもしれないが、写真というコンテンツがソーシャル時代のコミュニケーション・ツールとなった今、撮影後の楽しさという点ではスマートフォンが上だろう。

 そのスマートフォンの存在をどこ吹く風と、売れ続けているコンパクト型カメラがある。米国シリコンバレーのベンチャー企業Woodman Labs社が開発した「GoPro」シリーズだ。「アクション・カメラ」と呼ばれる分野の代名詞になっている製品である。

 同社は2012年12月に、台湾Hon Hai Precision Industry社(鴻海、通称Foxconn)から2億米ドルの投資を受けると発表した。Foxconnは、シャープへの出資で注目を集めたEMS(電子機器の受託生産サービス)世界最大手だ。(関連記事「郭台銘が時価総額を22.5億米ドルにしたGoPro、4Kカメラをアピール」)

 GoProシリーズが、大手カメラ・メーカーに与えたインパクトは大きかった。

自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓