• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 日立と移動ロボット研究所、高線量測定可能なガンマカメラを搭載したロボットを実演--原発で利用を想定

日立と移動ロボット研究所、高線量測定可能なガンマカメラを搭載したロボットを実演--原発で利用を想定

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/02/20 18:02
  • 1/1ページ
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2013年2月20日、「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の成果報告会を開催、開発したさまざまなロボットの動きなどを実演した。その中で、日立製作所と移動ロボット研究所(千葉県習志野市)は、移動体ロボットにガンマカメラを搭載したシステムの公開した(図1)。東京電力福島第一原子力発電所での利用を想定して開発した。

おすすめ