• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 日立と移動ロボット研究所、高線量測定可能なガンマカメラを搭載したロボットを実演--原発で利用を想定

日立と移動ロボット研究所、高線量測定可能なガンマカメラを搭載したロボットを実演--原発で利用を想定

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/02/20 18:02
  • 1/1ページ
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2013年2月20日、「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」の成果報告会を開催、開発したさまざまなロボットの動きなどを実演した。その中で、日立製作所と移動ロボット研究所(千葉県習志野市)は、移動体ロボットにガンマカメラを搭載したシステムの公開した(図1)。東京電力福島第一原子力発電所での利用を想定して開発した。
【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ