• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > VUZIXが片眼型HMDの試作品を披露

VUZIXが片眼型HMDの試作品を披露

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/20 11:52
  • 1/1ページ
M100の試作品
M100の試作品
[画像のクリックで拡大表示]
M100のモックアップ
M100のモックアップ
[画像のクリックで拡大表示]
M100のディスプレイに映した映像
M100のディスプレイに映した映像
[画像のクリックで拡大表示]

 米VUZIX社は、片眼型HMDの新製品「M100」の試作品を、2013年2月20日に東京で開催した同社の発表会で展示した。「これまでモックアップは見せてきたが、動作する試作品を日本で披露するのは今回が初めて」(同社)である。

 M100の特徴は、ソフトウエア基盤「Android」を搭載していること。無線LANやBluetoothを通じてスマートフォンなどと接続できる。スマートフォンから提供される文章やメール、動画、地図などをM100で閲覧可能である。

 M100の試作品の仕様は以下の通り。ディスプレイの画素数はWQVGAで、アスペクト比は16対9、視野角は対角16度である。35cm先に4インチ相当の画面を見る感覚を得られるという。内蔵メモリは4Gバイトで、microSDメモリーカード用スロットを備え、8Gバイトの同カードまで対応する。頭の動きを検知する「ヘッド・トラッキング機能」の他、電子コンパスやGPSも備える。1080pのカメラを搭載し、写真や動画を記録できる。内蔵2次電池による連続動作時の駆動時間は約2時間とする。Androidのバージョンは4.01である。

 製品版に関しても、上記仕様のままとするが、駆動時間やAndroidのバージョンが変わる可能性があるという。

 VUZIX社は、M100向けのアプリケーション・ソフト(以下、アプリ)を開発するSDKも提供する。外部の開発者にM100対応アプリを制作してもらうことで、M100の普及を狙う。M100の製品化に先行して、SDKの提供を既に始めている。

 価格に関しては、SDKや「量産試作版」のM100(1台)をセットにした「Silver Package」が9万9800円(税込)である。この他、さまざまなバージョンのM100を複数台セットにしたGold Packageなどを準備する。

 M100本体は2013年夏前後から、順次出荷する予定である。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓