お薦めトピック

パナソニック、1時間で検査可能な遺伝子検査チップを開発

2013/02/15 15:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
 パナソニックは、ベルギーIMECと共同で、1時間で検査が可能な全自動の小型遺伝子検査チップを開発した。数μLの血液から、SNP(single nucleotide polymorphism)などの遺伝子情報を検査できるチップである。SNPは遺伝子の一塩基が人により異なることを指し、これを検出することで、遺伝病の有無や将来的な危険率の診断、疾患関連遺伝子の特定など行える。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング