• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【NTT研究公開】nWレベルで動作する無線センサ・ノードを披露

【NTT研究公開】nWレベルで動作する無線センサ・ノードを披露

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/15 12:22
  • 1/1ページ
 日本電信電話(NTT)は、2013年2月14~15日に開催中の「NTT R&Dフォーラム2013」(NTT武蔵野研究開発センタ)において、nWレベルで動作し、見通し環境で10m程度の無線通信が行えるセンサ・ノードを展示した。数mm角程度の小型の太陽電池や、振動発電装置などで発生した微小な電気をキャパシタにため込み、これを使って通信する。橋梁などの構造物の振動モニタリングや防犯センサ、人のバイタル情報のモニタリングなどに利用できる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓