• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > CATIAでダイレクトモデリングが可能に、新版でロバスト性を向上

CATIAでダイレクトモデリングが可能に、新版でロバスト性を向上

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/02/13 19:26
  • 1/1ページ
 ダッソー・システムズ(本社東京)は3D-CAD「CATIA V6」(仏Dassault Systemes社)の最新版(V6R2013x)について、形状を直観的に編集できるダイレクト・モデリング機能を強化したことを明らかにした。この機能は「CATIAライブ・シェイプ」で、ユーザーは形状を直接指示して変形させる操作ができる。内部処理としては、ユーザーが変更したい部位などを形状から認識し、モデリング履歴(ヒストリ)を使わないことから、いわゆるダイレクト・モデリング機能に相当する。CATIAライブ・シェイプは以前のバージョンから利用可能だったが、「最新版では複雑な形状を十分に扱えるよう、ロバスト性を向上させた」(ダッソー・システムズ)という。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ