日経テクノロジーオンライン

TSMCが450mmウエハーの導入時期を明言、「2018年に7nm世代で」

2013/02/06 20:22
大下 淳一=日経エレクトロニクス
 TSMCジャパン 代表取締役の小野寺誠氏は2013年2月6日の「世界半導体サミット@東京 2013」(主催:日経エレクトロニクス)で講演し、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)における450mmウエハーの導入計画について語った。「2016~2017年にパイロット・ラインを稼働させ、量産開始は2018年を予定している。10nm世代の次、つまり7nm世代前後での導入を検討している」(小野寺氏)とした。TSMCは既に、開発および初期量産用の450mmラインを建設するための敷地を、台湾・竹南に確保しているという。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。