日経テクノロジーオンライン

【決算】マツダ、黒字幅が拡大し通期で営業利益は450億円に---SKYACTIV搭載車が好調、円安も追い風

2013/02/06 20:00
高田 憲一=日経ものづくり
 マツダは2013年2月6日、2012年度10~12月期連結決算(以下、第3四半期累計決算)と、2013年3月期連結決算(以下、通期決算)の修正見通しを発表した。SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)「CX-5」や「アテンザ」といった、同社の独自の低燃費エンジン「SKYACITV」搭載車の販売が好調で、通期見通しでは売上高、利益ともに、前回見通し(2012年10月発表)を上方修正した。為替が円安に振れていることも追い風になった。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。