家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

タブレット端末の世界出荷、前年同期の約1.8倍---IDC調査

赤坂 麻実=Tech-On!
2013/02/01 15:45
印刷用ページ
上位5社の市場シェア(出荷台数ベース)の推移(出典:IDC)
上位5社の市場シェア(出荷台数ベース)の推移(出典:IDC)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 市場調査会社の米International Data社(IDC)によれば、2012年10月~12月のタブレット端末の世界出荷台数は前年同期比75.3%増の5250万台だった(ニュースリリース)。平均販売単価の低下や、ホリデー・シーズンという季節柄、製品系列の拡充などにより、前期に比べても74.3%増加している。

 メーカー別にみると、米Apple社が引き続きダントツの首位を維持している。第4世代「iPad」や「iPad mini」の投入により、出荷台数を前年同期から48.1%伸ばして2290万台とした。ただし、市場シェアは48.1%から43.6%に低下した。2位は韓国Samsung Electronics社で、前年同期比263.0%増の790万台を出荷。市場シェアも前年同期の7.3%に対し、15.1%まで拡大した。3位は米Amazon.com社で、前年同期比26.8%増の600万台を出荷した。なお、「Surface」を発売してタブレット端末市場に参入した米Microsoft社は90万台の出荷にとどまり、トップ5入りを逃した。

2012年第4四半期の上位5社の出荷実績。単位は百万台(出典:IDC)
2012年第4四半期の上位5社の出荷実績。単位は百万台(出典:IDC)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング