• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > セイコーNPC、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーICを発売

セイコーNPC、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/31 23:18
  • 1/1ページ
 セイコーNPCは、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーIC「SM3320」を発売した。従来、LED(発光ダイオード)を使った認証機器では、LEDの波長ごとにフォトダイオードとオペアンプなどで構成した光検出回路を用意する必要があった。今回は、紫外から赤外までの光を検出できる機能を1チップに集積したため、実装面積や部品点数の低減を実現できるとしている。紙幣や有価証券などの認証装置や光検出機器などに向ける。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓