• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > セイコーNPC、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーICを発売

セイコーNPC、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/31 23:18
  • 1/1ページ
 セイコーNPCは、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーIC「SM3320」を発売した。従来、LED(発光ダイオード)を使った認証機器では、LEDの波長ごとにフォトダイオードとオペアンプなどで構成した光検出回路を用意する必要があった。今回は、紫外から赤外までの光を検出できる機能を1チップに集積したため、実装面積や部品点数の低減を実現できるとしている。紙幣や有価証券などの認証装置や光検出機器などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ