技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

テクトロニクスがシグナル・アナライザの新製品、帯域を110MHzに拡張するオプションも用意

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2013/01/29 18:35
印刷用ページ
図1 26.5GHzに対応するリアルタイム・シグナル・アナライザの新製品「RSA5126A型」
図1 26.5GHzに対応するリアルタイム・シグナル・アナライザの新製品「RSA5126A型」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 テクトロニクスは、リアルタイム・シグナル・アナライザ「RSA5000シリーズ」の新製品を2機種発売した。15GHz帯域に対応する「RSA5115A型」と、26.5GHz帯域に対応する「RSA5126A型」で、「ミッドレンジの価格でハイエンド性能を実現した」(同社)とする(図1)。

 価格は、RSA5115A型が516万円(税別)、RSA5126A型が576万円(税別)である(図2)。さらに、新製品の発表と同時に2011年1月に発売した既存の機種を約30%値下げした。3GHz品の「RSA1503A型」と6GHz品「RSA5106A型」である。

 主な仕様は、RSA5126Aでは周波数範囲が1Hz~26GHzで、表示平均雑音レベル(DANL)は10kHzの場合、-129dBm/Hz。位相雑音は1GHzの場合、-113dBc/Hzである。リアルタイム機能は、従来機を踏襲し、「DPXスペクトログラム」「DPXゼロ・スパン」「DPX Density Trigger」「DPX掃引」などを搭載している(図3)。例えば、DPX掃引機能を用いると、全ての周波数範囲において最小信号期間が3.7μsとなる。

 今回、RSA5000シリーズ向けにリアルタイム帯域幅を110MHzに拡張できるオプションを用意したことが大きな特徴である。標準仕様では25MHzで、「競合他社の製品では、オプションを使っても40MHzまでしか拡張できない」(同社)という。広いリアルタイム帯域幅は、意図しない信号のモニタリングや特定の周波数バンドの監視などに有効である。110MHz品のオプション価格は358万円。

図2 価格
図2 価格
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 リアルタイム機能の特徴
図3 リアルタイム機能の特徴
[クリックすると拡大した画像が開きます]
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング