次世代工場 工場の将来像が見える
 

富士フイルムが液晶テレビの偏光板保護フィルム向け新工場、自家発電の電力で稼働

大石 基之=日経ものづくり
2013/01/29 14:08
印刷用ページ
 富士フイルムは、大型液晶テレビに使用される「超広幅フジタック」を生産する富士フイルム九州(熊本県菊池郡)第4工場 第8ラインを2013年1月23日から稼働させた。超広幅フジタックは、大型液晶パネルなど向けの偏光板保護フィルムで、従来の1330mm(通常幅)や1490mm(広幅)に対して1900mm以上に広幅化したもの。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング