EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

給与変動制を機に資格試験、東芝情報システムでは管理職も受験

三宅 常之=Tech-On!
2013/01/29 07:00
印刷用ページ
四條貴夫氏
四條貴夫氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
若林真一氏
若林真一氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

東芝情報システムは、LSI設計者の技量の定量化に資格試験を活用している。100点満点で75点以上を取得する技術者を高めて、技術力をアピールして受注を増やす狙いだ。管理職にも部下の仕事を理解するうえで役立つとして資格取得を促している。同社でRTL設計を手掛ける部門を率いる四條貴夫氏(LSIソリューション事業部ソリューション第一部部長)と、同じ部門で教育を担当する若林真一氏(同事業部QE)に聞いた。

LSI設計に資格試験を導入した経緯を教えてください。

 2000年代初め、個人の技量を給与にリンクさせようという社内の動きがありました。ソフトウエア開発には国家資格があるが、LSI設計にはなく、探していたのです。2002年に「ESA」が始まったことを知り、トライしてみようということになりました。2003年に採用しました。

資格試験の結果を給与に反映していたということですね。

 現在では、知識以外に重要な要素があると考えています。「資格取得は、LSI設計に携わる者としての基礎技術を習得すること」ととらえていますので、LSI設計者全員に、できればEXPERT、少なくともMASTERを取ってもらいたい。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング