• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「BMW社やAirbus社も採用している」、Everspin社副社長に磁気メモリMRAMの現状と今後を聞く

「BMW社やAirbus社も採用している」、Everspin社副社長に磁気メモリMRAMの現状と今後を聞く

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/01/25 17:13
  • 1/1ページ
 米Everspin Technologies社が、新型の不揮発性メモリ製品であるSTT(spin transfer torque)方式のMRAMの限定サンプル出荷を開始した。MRAMは、磁気メモリとも呼ばれ、HDDに使われる記録素子を半導体に応用した製品である。HDDに比べて、堅牢、高速、低消費電力といった特徴を持つため、産業分野や航空分野、自動車分野などに向く。同社は2008年ごろからMRAMの量産出荷を開始し、今回、新たな動作方式を採用した新製品であるSTT-MRAMの出荷を始めた。開発の狙いなどをEverspin社のVice President of WW SalesのScott Sewell氏に聞いた。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓