機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

「BMW社やAirbus社も採用している」、Everspin社副社長に磁気メモリMRAMの現状と今後を聞く

大石 基之=日経ものづくり
2013/01/25 17:13
印刷用ページ
 米Everspin Technologies社が、新型の不揮発性メモリ製品であるSTT(spin transfer torque)方式のMRAMの限定サンプル出荷を開始した。MRAMは、磁気メモリとも呼ばれ、HDDに使われる記録素子を半導体に応用した製品である。HDDに比べて、堅牢、高速、低消費電力といった特徴を持つため、産業分野や航空分野、自動車分野などに向く。同社は2008年ごろからMRAMの量産出荷を開始し、今回、新たな動作方式を採用した新製品であるSTT-MRAMの出荷を始めた。開発の狙いなどをEverspin社のVice President of WW SalesのScott Sewell氏に聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング