• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 2020年までに人類が生み出す全データ量は40Zバイト、IDC社が従来予測を上方修正

2020年までに人類が生み出す全データ量は40Zバイト、IDC社が従来予測を上方修正

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/24 21:57
  • 1/1ページ
 EMCジャパンは2013年1月24日、米IDC社と共同で実施しているビッグデータに関する調査結果について東京都内で記者説明会を開催した。2012年の調査結果によると、2020年までに人類が生み出すデータ量は40Z(ゼタ、1021)バイトと、以前の調査結果(35Zバイト)を上回る見通しとする。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓