• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > STMicro、マイコン・コアを集積した3軸加速度センサーICを発売

STMicro、マイコン・コアを集積した3軸加速度センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/24 18:07
  • 1/1ページ
 伊仏合弁STMicroelectronics社は、マイコン・コア「Cortex-M0」を集積した3軸加速度センサーIC「LIS331EB」を発売した。加速度センサーはMEMS(micro electro-mechanical systems)技術で製造した。マイコン・コアは、各種センサーのデータを集約するセンサー・ハブ機能や、こうしたデータを統合的に処理することで高度な認識機能を実現するセンサー・フュージョン機能などの実現に向ける。もちろん、外付けのマイコンを利用すれば同様の機能を実現できるが、1チップ化したことで実装面積と消費電力を削減できるとしている。パッケージは、外形寸法が3mm×3mm×1mmと小さい16端子LGAである。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ