• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > STMicro、マイコン・コアを集積した3軸加速度センサーICを発売

STMicro、マイコン・コアを集積した3軸加速度センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/24 18:07
  • 1/1ページ
 伊仏合弁STMicroelectronics社は、マイコン・コア「Cortex-M0」を集積した3軸加速度センサーIC「LIS331EB」を発売した。加速度センサーはMEMS(micro electro-mechanical systems)技術で製造した。マイコン・コアは、各種センサーのデータを集約するセンサー・ハブ機能や、こうしたデータを統合的に処理することで高度な認識機能を実現するセンサー・フュージョン機能などの実現に向ける。もちろん、外付けのマイコンを利用すれば同様の機能を実現できるが、1チップ化したことで実装面積と消費電力を削減できるとしている。パッケージは、外形寸法が3mm×3mm×1mmと小さい16端子LGAである。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓