• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > NICT、クラウドに適した「完全準同型暗号」の安全性評価で、世界で初めて825次元の「格子の最短ベクトル問題」を解くことに成功

NICT、クラウドに適した「完全準同型暗号」の安全性評価で、世界で初めて825次元の「格子の最短ベクトル問題」を解くことに成功

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/21 19:12
  • 1/1ページ
 情報通信研究機構(NICT)は2013年1月21日、暗号化したままデータを処理できる「完全準同型暗号」の安全性評価において、「格子の最短ベクトル問題」の解析を行い、世界で初めて825次元もの高い次元の問題を解くことに成功したと発表した。完全準同型暗号は、2009年に米IBM社が発表した技術。格子理論を利用することで、データを暗号化したまま、様々な演算が可能になっている。クラウド・コンピューティングでのセキュリティーの確保などに利用できる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓