家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NICT、クラウドに適した「完全準同型暗号」の安全性評価で、世界で初めて825次元の「格子の最短ベクトル問題」を解くことに成功

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2013/01/21 19:12
印刷用ページ
 情報通信研究機構(NICT)は2013年1月21日、暗号化したままデータを処理できる「完全準同型暗号」の安全性評価において、「格子の最短ベクトル問題」の解析を行い、世界で初めて825次元もの高い次元の問題を解くことに成功したと発表した。完全準同型暗号は、2009年に米IBM社が発表した技術。格子理論を利用することで、データを暗号化したまま、様々な演算が可能になっている。クラウド・コンピューティングでのセキュリティーの確保などに利用できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング