• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > NICT、クラウドに適した「完全準同型暗号」の安全性評価で、世界で初めて825次元の「格子の最短ベクトル問題」を解くことに成功

NICT、クラウドに適した「完全準同型暗号」の安全性評価で、世界で初めて825次元の「格子の最短ベクトル問題」を解くことに成功

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/21 19:12
  • 1/1ページ
 情報通信研究機構(NICT)は2013年1月21日、暗号化したままデータを処理できる「完全準同型暗号」の安全性評価において、「格子の最短ベクトル問題」の解析を行い、世界で初めて825次元もの高い次元の問題を解くことに成功したと発表した。完全準同型暗号は、2009年に米IBM社が発表した技術。格子理論を利用することで、データを暗号化したまま、様々な演算が可能になっている。クラウド・コンピューティングでのセキュリティーの確保などに利用できる。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓